ダイビングに関する情報が満載!

ダイビング関連のインストラクターについて

世の中には様々なレジャーが存在します。
陸のレジャーは遊園地やテーマパークなどが代表的で、年齢に関係なく子供からお年寄りまでが楽しめるのが陸のレジャーの特性です。
海のレジャーはスキューバダイビングが挙げられます。
海中の生物を間近で見られることから、その魅力にとりつかれる人もいます。
空のレジャーはスカイダイビングが代表的です。
高度2~3000メートルの高さから地上に向かって落下するものです。
非日常的ですが、やみつきになる人もいるレジャーのうちの一つです。
これらのレジャーは初心者が一人ではできないものがあり、インストラクターと言われている人が指導を行ないます。
インストラクターは有資格者で、初心者でも安全に楽しめるようにし、そのレジャーの醍醐味を利用者に伝えてくれるのです。
ダイビング関連のインストラクターはあらゆるレジャーの中でも比較的専門的なものを求められるので、実技と知識が特に長けているのです。

ダイビングのインストラクターのキャリア

ダイビング好きの人は多いでしょう。
その中にはいつか仕事にしてみたいと夢を持っている人もいることでしょう。
では、インストラクターとして活躍していくためにはどのようなキャリア設計をすれば良いのでしょうか。
インストラクターになるためにはまずライセンスを取得する必要があります。
ここで必要となってくるのはIEといわれるものです。
ライセンス取得後は、就職先を探すことになります。
ここで、仕事場もほぼ決まってしまうので、どの海を舞台にしたいのか、どれぐらいの規模でやりたいのかなどを考える必要があります。
次に、実際に仕事し始めるのですが、インストラクターの仕事が十分にできるようになるのには1年、仕事の幅を広げるためには2年、一人前になるには3年ほどかかると言われています。
その過程で昇給などもありますが、基本的に給料は低めなので、しっかりとしたライフプランを立てて仕事を継続していく必要があります。
場合によっては、しっかりとノウハウを蓄積したうえで独立し、自らダイビングショップを経営するのもいいかもしれません。

『インストラクター ダイビング』 最新ツイート

@tkmymary

スカイダイビングもよさそうよね!インストラクターとくっついて飛ぶやつなら安全そう

4時間前 - 2020年09月26日


@kozushima_bot

『HAPPY TURN/神津島 通信』 インターン大学生がインタビュー「神津島は心の拠り所」 二拠点生活を11年続ける、ダイビングインストラクターの生き方 https://t.co/ruaapFygnG

9時間前 - 2020年09月26日


pickup


おいしい誕生日ケーキが買えます


2019/6/3 更新